科学技術の発展の根本には、人材教育を必要とし子供の時代からモノ作りの楽しさなどを教える工夫を図ることが重要で、それが国内の科学技術の発展に寄与します。教育の現場では従来の暗記を中心とした学習から、自分で疑問を持ち考えて学んでいくという学習が必要になります。特に情報化の時代にあっては、子供向けのエンジニアスクールが注目され、子供からパソコンを利用したプログラミングを教えることが始まっています。プログラミングは、機械語を使って機械に指令を与えるプログラムを作成することで、それは何を行わせたいかを明確にする必要があります。

自身が機械に何をさせたいかを明確にすることなしに、それを制作することができないことで、モノ作りの基本的視点が詰まっていると重宝されます。政府が推進している義務教育レベルでプログラミングを子供に必修させる取り組みがありますが、それは情報化社会に即した人材を育てる狙いがあります。今後、義務教育でプログラミング学習が必修化になれば、子供向けのエンジニアのスクールが活性化される可能性が存在します。その理由としては学校での授業では足りない部分を補うことができるとして、エンジニアスクールの新たな役割が生まれるからです。

今まではIT業界に就職した方向けやIT業界のスキルアップで通学されていたものを、今度は子供の補修や試験対策などにも活用される可能性もあります。プログラミング学習から子供の興味を刺激し、モノ作りの発展にも貢献できる人材の育成に繋げることも可能です。産業の原点はモノ作りにあるため、世界で後れをとらないためにも注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です