おすすめのコピー機リース会社
2021年2月18日

コピー機のリース契約の特徴

コピー機を導入する場合、リースとレンタルとで迷うことがあります。簡単にまとめると、短期契約に向いているのがレンタルであり、数か月程度の利用に適しています。数か月でも比較的安い費用で利用でき、審査もありませんので契約はスムーズです。保守やメンテナンスについても料金に含まれていますので、追加で費用が発生することがありません。

このようなメリットを考えてもリースを選ぶケースが多いのかというと、長期の利用に向いているからです。通常オフィスでは年単位での利用を考えることがほとんどであり、数か月で返却することはまずありません。1年、2年と使う場合に向いている方式ですので、まずは使用したい期間を確認しましょう。コピー機はどんどん進化していて、すぐに新しいものが登場します。

新機種が出たら試したいと思うのが普通ですが、リースでは新品を導入できますので最新の機器を契約することも可能です。もちろん最新機種以外も揃っていて、その場合は非常にリーゾナブルな価格で借りられます。使っていくうちにコピー機も劣化していきますので、契約するたびに新しい機種を投入できるのは非常に大きなメリットです。保守やメンテナンスに関しては基本料金に含まれないことが多いので、そのあたりも契約時にきちんと確認する必要があります。

最近では価格競争が激しいので他社との差別化を図るために様々なサービスが実施されており、カウンタ料金がかからなかったりトナー代が無料だったりと嬉しいサービスも用意されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *