おすすめのコピー機リース会社
2021年2月3日

コピー機をお得にリースする

コピー機のリースはどのような契約を結んでも料金的に変わらないと考えている人は、その仕組みを理解する必要があります。経費を削る際に見直されることも多いリース契約ですが、コピー機にもいくつかのパターンがあって、それぞれの使い方に沿った内容で結べばかなり節約できます。何を選んだら良いのかが分からない時には、営業マンに聞けばパターン別に詳しく説明してくれるはずです。話を聞くだけでは分からないという声も多いのですが、きちんとシミュレーションを出してくれますので、その結果を比較しながら最善の方法を選択しましょう。

リース契約を結ぶ際、大量の枚数をコピーすることが多いのか、それともあまり印刷やコピーをすることがないのかを考えてみると最適のプランが見つかります。キット保守にするとトナーの交換が必要になった時だけ費用がかかりますが、その分何枚印刷しても費用がかかりません。カウンター保守の場合には、印刷枚数に応じて費用がかかる仕組みになっていて、モノクロとカラーでも分けられています。カラーの印刷は高額なので、そのあたりをどれくらい抑えられるかがポイントです。

使っていくうちに不具合が発生することがありますので、アフターフォローも重要になります。コピー機を使用する頻度が高ければ高いほど故障することが多くなり、その際に来てもらうだけでお金がかかるとランニングコストにも影響が出ます。こういったフォローを無料で行ってくれれば、思わぬ出費に見舞われるリスクがありません。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *