おすすめのコピー機リース会社
2021年1月21日

なにかとメリットのあるコピー機リース契約

オフィス内業務において、コピー機はなくてはならないもので、用意がないと職務を果たすことができない人もいます。大企業だけでなく、SOHO事業者、フリーランスのオフィスでもなんらかの形で使用しているほどです。家庭用兼用のものではなく、れっきとした性能を備えた業務用機種を導入するにはまとまった資金が必要です。現金を用立ててでも、購入したほうが最終的に費用を安く抑えられる場合もありますが、リース契約を結ぶのも、大きなメリットがあります。

業務用のコピー機を購入する場合、中古でも固定資産税の経費処理をする金額になる場合がほとんどです。台数を増やすたびに新たな事務処理が発生します。そういった手間が、リースであれば軽減されます。安い買いものではありません。

銀行などから融資を受けることになると審査に数週間かかってしまいがちです。しかしリースであれば、審査に数日しかかからない場合があり、コピー機が必要になってから導入までの期間を大きく短縮できます。契約形態によっては、期間終了前の中途解約は違約金が発生しますが、一括購入した場合は即座に資金が減るのに対して、リースは月額で料金を支払っていけます。自己で購入する場合、万一の盗難や落雷や火災に備えて動産総合保険へ加入して補償を受けることを検討する必要があります。

コピー機を購入するのに直接かかる費用以外に、そのような資金も考慮しなければなりませんが、リースであれば物件を扱う会社のほうが動産総合保険に加入してくれています。もしものときの備えも含めた費用を、事務処理が容易な月額料という形で考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *