おすすめのコピー機リース会社
2021年1月12日

コピー機リース契約の仕組みとメリット

高額のため新品での購入が難しいコピー機は、リース契約で導入する企業が多くなります。これは利用者が使うコピー機をリース会社が代わりに購入し、料金を支払うことで機器を借りるという仕組みです。そのためコピー機の所有権はリース会社にあり、契約終了時には返却することになりますが、保険が適用になるため火災や盗難で破損した場合には修理などの保証があります。契約には審査があり、ある程度会社を経営していてローンやクレジットカードの滞納などの問題がなければほぼ審査は通るものの、年齢が若すぎるか高齢の場合や、新規で起業した場合は通らないこともあります。

コピー機をリース契約するメリットは、まず初期費用が少なくて済むということです。100万円は超えてしまう機器を導入するのは大変ですが、月々に決められた料金を支払って利用する契約であれば多額の資金を確保する必要がなく、余裕がある資金を他に使うことができます。また、料金は税務上では経費として処理できるため、会計でもメリットがあります。月々決められた料金を支払うためコストも把握しやすく、固定資産税などの費用が発生しないため、事務処理の負担を減らせるというのもポイントです。

自己所有はできず、契約年数の縛りがあり途中解約ができないことや、一括購入に比べると総額が高くなるというデメリットもありますが、会社に必須の機器であるコピー機を導入する方法としてメリットが大きいのも事実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *