おすすめのコピー機リース会社
2021年1月9日

コピー機を長期的に使うのならリースがおすすめ

コピー機を会社などで長期的に使いたいと思っているのなら、リースを検討してみませんか。リースは所有権がないというデメリットがある反面、メンテナンスをしてくれる人材の確保や機種ごとに必要な備品の用意などを自分で行わずに済むサービスもあります。導入時に必要な初期費用を抑えることが出来るほか、月額料金となっているため経費の計算がしやすく、ランニングコストを把握しやすいのも魅力です。リースは基本的に中途解約ができないため、常に最新機種のコピー機を使いたいと思っている方にはあまり向いていませんが、モノクロ印刷だけできればいいなど用途が変わらない会社にはコストを抑えて導入できます。

コピー機などの電化製品は常に新しい技術が開発されているため、導入した時点で古いとうのは避けられませんがリース契約で設備を導入し、耐用年数に合わせた期間を設定すれば定期的に新しい設備に変更できます。コピー機を購入した場合には機材を新しくするのにかかる費用だけではなく、廃棄するのにもお金がかかりますが、この方法であれば定期的に新しいものに変更することも可能です。中途解約には違約金がかかりますが、契約満了と共に新しいものに変更できるので古いものを使い続けたくない方はリース期間を短めの場所を選ぶなどの工夫をすると良いでしょう。レンタルとは異なり審査に時間がかかるので、急ぎで使いたい場合には余裕を持って利用するようにして下さい。

長く同じ機種を使いたい方におすすめの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *