おすすめのコピー機リース会社
2020年10月6日

コピー機は短期間ならレンタルの利用がおすすめです

オフィスでペーパーレス化を進めていても、コピー機の需要は必要となりますが、コピー機を導入するには主にレンタルとリースという方法が二極化されているのが現状です。まずはレンタルのメリットの部分を確認していくと、必要な時期だけ短期間でも借りられるという利点があります。最短では1日からでも利用できますので、短期間の使用シーンなどでも柔軟に対応できる点が魅力です。またレンタルであればいつでも解約ができるという気軽さも魅力の1つで、必要なくなった場合でも無駄なく解約できます。

そして経理上としてはコピー機の所有権がレンタル会社の方にありますので、固定資産税などの対象外となるケースもメリットでしょう。一方のリースの場合のメリットとしては、毎月の支払額が安くなるのがメリットです。また最新機種などのモデルを選んで導入できるケースが多いのもリースのメリットと言えるでしょう。しかしリースにもデメリットがありますが、総額で見ると現金購入よりも高額となる場合もあります。

また保守サービスの加入が必須条件でもあり、これらのコストが上乗せされてくるのがデメリットかも知れません。このように比較してみると、リースは長期契約で最新機種を導入できる他、支払いを経費で処理できるという点もメリットです。一方のレンタルの場合は導入できる機種は限定されますが、低コストで短期間という明確な目的があれば非常にリーズナブルな導入方法だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *