おすすめのコピー機リース会社
2020年9月21日

レンタルコピー機のメリット・デメリット

コピー機(複合機)レンタルの契約は、数日~数か月などの比較的短期間のみの使用でよく利用されています。利用方法によりリース契約と使い分けられますが、レンタルの場合のメリットとデメリットを説明します。メリットとしては、希望期間のみ借りられることです。最低契約期間という制限が無ければ途中解約できる場合がほとんどで、初期費用もないため出費を抑えることができます。

レンタル料は経費として計上できるため、税金納付の負担もありません。消耗品の交換や本体の保守など、維持管理が簡単なことも大きなメリットです。維持管理費が料金に含まれている場合が多く、一日単位で利用することも可能です。また、短期契約のため厳しい審査がなく、契約が簡単であることも助かるポイントです。

リースの審査に通らなかった人が、代わりにレンタルを利用する場合もあります。デメリットとしては、中古機種のコピー機が多いことです。最新機能が必要な場合に対応できないことが多く、また機器不具合も発生するリスクがあります。契約前に使用機種や経過年数などをよく確認し、使用前の点検などで対応するようにしましょう。

また、安価で借りることができる反面、長期契約になるとリースより割高になる恐れもあります。会社ごとの契約内容や料金を比較し、把握しながら利用することが大切です。レンタルコピー機のメリット・デメリットをよく理解し、利用方法に適した契約手段の検討に役立ててください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *